守破離について

こんにちは、きおまです。

まだ春の足音は聴こえてこないですね、でも天気が良くて気持ちよいです。

 

「マクロビアン」といいながら最近マクロビオティックの話しにあまり触れていないので、今日はちょっと触れてみます。

半断食セミナーの中でも伝える内の1つですが「守破離」について。

 

守破離は日本の武道や茶道などの子弟関係のあり方や、日本文化が進化・発展した過程のベースとなる思想などですが、「マクロビオティック」というものを漢字変換すると「食養道」でしょうか。

 

「守」は物事を身につける際には、まずその型を覚えることです。マクロビオティックでもある程度の型はあります、どういったバランスで食べるとか、いろいろ。

 

「破」は、まずその型を守って覚えたら、破ってみる、他のものも取り入れて見るということです。いのちというのは全員違うもので、同じ型が当てはまるものではないため、型を自分のいのちにも適応できるようなアレンジメントが必要です。

 

玄米を食べれば良い、先生の言ったことを守らなければいけない、しかも最初に頭で良いものだと思えば思うほど守ろうと思ってしまう、むしろそれが自分を縛るようになってしまい、結果窮屈な人生になってしまう、これでは本末転倒です。

 

「離」は「守」「破」を通過し、何事にもとらわれない(離れていき)自分の境地を作り、生み出していくようなことです。

破っていく過程で型をじぶんのいのちに合わせてアレンジしながら、最終的には自由自在になっていく。

 

「食養道」という無限に広く、食を通して自然や宇宙と繋がる世界を実体験していくものの中では、この「守破離」という考えはとても良いと思います。

 

僕はたまにマクロビオティックに対するネガティブな言葉を聞きますが、「○○は食べちゃだめ」といった「守」に固執するあまり自分自身が窮屈になってしまっている人たちに対するイメージなのかもしれません。

 

最初から最後まで「守」の人よりも、「守→破→離」を経験した上でやっぱり「守」が一番、となる人では気持ちの自由度も楽しさも全然違ってくると思います。

Macro(大きな)bio(いのちの)tic(術)といった語源があるように、より大局的に自由自在に考えていくとマクロビオティックがもっと面白いものになっていくような気がします。

 

今日は、セミナーの講義の1コマを引用しての「守破離」についてでした。